【レンズの時間2019-2020】報道カメラマンが戦前シネレンズを使ったら素敵なドキュメンタリー写真になった

発売中のムック本「レンズの時間」にユニークな記事が出ていました。

レンズの時間 2019-2020 (玄光社MOOK)

レンズの時間 2019-2020 (玄光社MOOK)

 

■Gallery & Interview
朝日新聞 映像報道部カメラマン 小玉重隆さん

報道カメラマンの方が、朝日新聞のWEB記事「エイジングニッポン」の取材写真でシネレンズを使っている、という記事でした。

実際の記事は以下のリンクから参照できます。

www.asahi.com

シネレンズらしい描写の写真で、どれも素晴らしいです。報道カメラマンが、シネレンズを仕事で活用しているということを知り、驚きました。報道写真とシネレンズ、という意外な組み合わせが、時代を超えた作品になっている稀有な例かもしれません。

【スポンサーリンク】