【NIKON 1 J5】ロシアシネレンズVega-7 20mmをM42ボディキャップに加工改造で使ってみる

ニコンのミラーレスNIKON 1 J5を使い始めています。フランジバッグが18mmとα7より短く、いろいろとレンズの活用が可能です。ロシアシネレンズVega-7 20mmをマウント改造して使ってみることにしました。このレンズは、ヘリコイドが欠品しているレンズユニットのみで、普段はライカM用ボディキャップに付けて、Mマウントのヘリコイドアダプターで撮影しています。NIKON 1用のMマウントのヘリコイドアダプターが無限遠が出ずに返品してしまったため、別の方法を考えました。

Borgのニコン1用マウントを入手し、これにM42ヘリコイドアダプターを付けて、Vega-7 20mmをM42ボディキャップに付けてみることにしました。

まずは、M42ボディキャップをくりぬき。ボディキャップくりぬき作業も5回目くらいなので、30分くらいで完成。

20181215_205329マウントしてみました。無限遠も出ました。

20181216_000123作例です。54mm相当になるので、使いやすいです。

Nikon 1 j5 vega7 20mm

Nikon 1 j5 vega7 20mm

Nikon 1 j5 vega7 20mm

Nikon 1 j5 vega7 20mm

Nikon 1 j5 vega-7 20mm

Nikon 1 j5 vega-7 20mm

Nikon 1 j5 vega-7 20mm

Nikon 1 j5 vega-7 20mm

Nikon 1 j5 vega-7 20mm

Nikon 1 j5 vega-7 20mm

Nikon 1 j5 vega-7 20mm

Nikon 1 j5 vega-7 20mm

Nikon 1 j5 vega-7 20mm

Nikon 1 j5 vega-7 20mm

 

【スポンサーリンク】