【レンズ沼250本目、フィルムカメラ40台目】FUJICA ST605とバブルボケレンズFUJINON 55mm F2.2を入手。FUJINON分解清掃するも綺麗にならず

四谷の我楽多屋で入手してリペアしたFUJINON 55mm F1.8の描写良いので、FUJINONをいろいろ調べていると、面白いレンズがありました。FUJINON 55mm F2.2です。F1.8より廉価版のレンズなのですが、レンズ構成が非常にユニークで、4枚レンズながらも、3枚のトリプレットようにバブルボケが出るそうです。

こちらのレンズの紹介は、レンズホリックにてオールドレンズ写真家の上野由比路さんが紹介しています。

lens-holic.com

正確には変形ウナータイプというべきか。今回の記事を書くにあたり相談に乗って頂いたM42マウントスパイラルのスパイラル氏もウナー説を主張している。

M42 MOUNT SPIRALさんの記事はこちら。

spiral-m42.blogspot.com

設計構成は下図に示すような4群4枚のUNAR型で、事実なら20世紀初頭に姿を消した非常に珍しい設計構成ということになる。

オールドレンズに博識のお二人をうならせる謎のレンズFUJINON 55mm F2.2が欲しくなり、FUJICA ST605とセットで販売されているのを見て入手してしまいました。

レンズは250本目、フィルムカメラは40台目と記念のレンズとカメラになりました。

2019-05-09_11-29-43

FUJICA ST605とFUJINON 55mm F2.2は、どちらも状態はあまりよくないジャンクで、特にFUJINON 55mm F2.2は、後玉に大きなカビと曇りがありました。

FUJINON 55mm F2.2を分解清掃しました。

20190509_222719

後玉からアクセスしようとカニ目レンチを使いましたが、動かず。吸盤ゴムにてレンズを回転されて外しました。

20190509_224632

後玉の汚れはレンズクリーナーで取れず、カビキラーでも取れません。最後の手段で、激落ちくんを使いましたが、まだ取れません。諦めて組み直しました。

20190509_231230

FUJINON 55mm F2.2は、M42マウントなのですが、リア側に独特の突起があります。

2019-05-09_11-46-34

マウントアダプターによっては無限が出ないのですが、手持ちのヘリコイド付M42-ソニーEマウントアダプターでは、無限が出ました。

2019-05-10_09-07-47

後玉のカビは撮れませんでしたが、それほど撮影データには影響なさそうなので、このまま使ってみようと思います。

 

【スポンサーリンク】