GPD Pocket 2発表。現行機種より速度が倍で薄く軽く、Surface Goよりアドバンテージあり?

GPDユーザーカンファレンスに参加しました。中国よりGPD社の社長と副社長が来日して、GPD Pocket 2の発表を行いました。

f:id:itokoichi:20180714193933j:plain

f:id:itokoichi:20180714193450j:plain

GPD Pocketと言えば、7インチサイズのディスプレイを搭載したミニWindowsノート。モバイルユーザーが使いやすい小型端末になっています。この絶妙なサイズ感は、今まで小さなWindowsノートを使ってきたユーザーであれば、感心するサイズです。さらに、性能としても、フルのWIndowsが稼働し、スペック的には、Surface 3程度ではありますが、ちょっとした作業であれば、普通にこなすことができます。まさに、毎日持ち歩いて活用するWindowsモバイルノートです。

GPD Pocket 2は、現在のGPD Pocketから大きな進化をしています。
CPUやGPU性能は倍になっており、キーボード配列を改善。ポインティングデバイスを廃止し、光学式に。デザインは薄く、20g軽くなっています。
現在のGPD Pocketは、モバイルノートPCとしては小型な点では最強だと思われますが、性能がアップした分、さらに実用性がアップしたように感じます。

f:id:itokoichi:20180714193827j:plain

f:id:itokoichi:20180714193833j:plain

f:id:itokoichi:20180714193842j:plain

f:id:itokoichi:20180714193849j:plain

f:id:itokoichi:20180714193856j:plain

f:id:itokoichi:20180714193903j:plain

7月下旬よりクラウドファンディング開始。日本の代理店天空でも取り扱い予定とのこと。

f:id:itokoichi:20180714193910j:plain

f:id:itokoichi:20180714193918j:plain


以下、カンファレンスの内容です。

日本で販売をしている天空の山田氏とGPD社長と副社長が登壇。
GPD社は、2012年創業。GPDシリーズを開発。2016年GPD WINが反響。
代理店の天空は2014年創業し、GPD代理店となった。

現在の発売中のGPD WIN2開発秘話の披露もあった。
去年の1月から開発。一年かかった。WIN2は今まで一番苦労した
GPD WINより性能を高く、熱処理、システムの安定性、CPUをアップ。
WIN2の開発メンバー10名。。
天空山田氏よりGPDの不良品率は一般的なメーカーと同じ水準で安定している。
日本の部品の品質は一番良いので、日本の部品を沢山使っている。

GPD Pocket 2
GPDシリーズは80か国で販売。
一番売れているのは日本。
日本の代理店の数も多い。
日本のサポートを強化したい。
日本に修理専用の代理店を作る。
GPD Pocket 2について。
Pocketの売り上げは日本が高い。
CPUの性能は高くない。
Pocket 2はCPUの性能が高く、安定性も高い。
キーボードに注目してほしい。
サイズは7インチで同じ。
厚みは薄くなっている。
microSDカードに対応。
USB Aが二つ。
カラーはシルバー。
熱処理は改善されている。
キーボードは改善された。
前は12列、今回は11列。
20g軽い。
トラックポイントが光学式に。品質を良くするのに苦労した。
ポインティングデバイスに関しては、ユーザーからクレームが多かった。
CPUはCoreM3。前回より処理速度は倍以上に。
グラフィックは220%。
ファンを搭載。CPU性能のため必須。
消費電力が低い、起動時間が早い。12秒以内に起動。
SSDの速度も倍以上速く。
ファンを切る機能がある。ファンの騒音に関する意見があった
タイプCのハブ。
現在はハブで対応していない機種があるが2ではどのハブでの対応。
Pocket 2はハブから充電できる。
Type-Cから充電は、USB充電器から問題なく行える。
ポインティングデバイスの廃止で本体が薄くなった。
背面にファンの排出を搭載。
丸みを帯びたデザイン。
クラウドファンディングは日本で半分くらいの大きな出資比率だった。

 印象としては、GPD Pocketユーザーの多い日本市場に力を入れているイメージでした。GPD Pocket 2は、GPD Pocketのユーザーの声を大きく取り入れて進化した機種になっています。リリースが楽しみです。

GPD Technology社のHPはこちら。

www.gpd.hk

今回のイベント主催した天空のHPはこちら。

www.tenku.co.jp

【スポンサーリンク】