【チョートクブラぱち塾】モノクロフィルムで増感現像。即日現像サービスへ【EOS RT, YASHICA ML24mm】

堀切菖蒲園駅で開催された写真家田中長徳氏のワークショップ「チョートクブラぱち塾」に、フィルムカメラEOS RTを持参しました。

EOS RTは、ミラーが透過になっており、ミラーが動かないため、ミラー干渉するオールドレンズでも利用できるのが特徴です。EOS 5Dでミラー干渉するYASHICA ML24mm F2.8を、EOS RTに付けたところ、無事に利用できました。なお、はフジフィルムのモノクロフィルム「ネオパン100 ACROS」です。今回は絞って使いたいため、ASA100のフィルムですが、ASA400の設定で撮影して、現像時にプラス2増感してみました。

2018-10-14_09-59-44

ちなみに、現像に出したのは、中野新橋の株式会社タックのプロラボサービス.net。こちらでは、モノクロの増感現像に対応しており、さらに、即日でモノクロ現像が可能な貴重なお店です。午前中に出せば、夕方には現像できるそうで、今回はCDスキャンもお願いしたので、翌日夕方となりました。営業時間外は、ポスト受付対応してくれます。夜に持ち込みました。シャッター内のポストに投函です。

2018-10-19_05-20-13

増感撮影は初めてだったので、現像が心配でしたが、ほぼイメージ通りに撮影できていました。モノクロで広角という、普段撮影しないスタイルでしたが、EOS RTとML24mmの組み合わせが使いやすく感じました。

EOS RT ML24mm ASA100 +2

EOS RT ML24mm ASA100 +2

EOS RT ML24mm ASA100 +2

EOS RT ML24mm ASA100 +2

EOS RT ML24mm ASA100 +2

EOS RT ML24mm ASA100 +2

EOS RT ML24mm ASA100 +2

EOS RT ML24mm ASA100 +2

【スポンサーリンク】