【Android 9 Pie設定カスタマイズ】Galaxy Note 8を省電力に設定。これが一番のメリットか?

ドコモ版Galaxy Note 8をAndroid 9 Pieにアップデートしました。久しぶりのメジャーアップデートなので、大幅に変わっています。

blog.itokoichi.com

 変わっているはずなのですが、使っている分には、UIの雰囲気が変わった程度にしか感じません。

www.itmedia.co.jp

画面回転して固定できる機能

自動調整バッテリー(Adaptive Battey

明るさの自動調整(Adaptive Brightness)

ステータス(通知)バーのユーザーインタフェース(UI)変更
通知パネルと通知パネルスイッチのUI変更
最近使ったアプリ(タスク)の一覧のUI変更と機能追加
マルチウィンドウ機能の利用方法の変更
電話/ダイヤルアプリのUI変更(※1)
プリインストールアプリのアイコン変更
ナビゲーションバーのアイコンデザイン変更
標準カメラアプリのUI刷新
設定画面のUI刷新と配置変更、一部機能の名称変更
Always On Displayとロック画面の標準UIの変更(※2)

この中で一番のメリットはバッテリー関連でしょうか。

Galaxy Note 8で初期設定を行ってみました。

 

ナビゲーションバーを非表示に

画面を少しでも広くするために、ナビゲーションバーを非表示にしています。Android 9にアップデートしたら、表示に戻ってしまったので、再度設定しました。通知バーのメニューアイコンからアクセスできます。なお、画面からプルアップのジェスチャーで、ナビゲーションバーのボタンがエミュレートされるようになりました。私は、アプリ戻るボタンを愛用しています。

f:id:itokoichi:20190411074049j:plain

 スグ電

この機能は新機能かどうか不明なのですが、通知で機能が表示されていました。

f:id:itokoichi:20190411074026j:plain

省電力機能

さて、今回のアップデートの目玉の省電力機能ですが、Galaxyシリーズは設定画面が独自のため、今回のAndroidの省電力メニューを探すのが大変です。一応、それらしきものがあったので設定してみました。

「使用していないアプリを自動無効化」をオン。設定→デバイスケア→バッテリー→右上の…から設定、で表示されるメニュー。階層が深すぎますね。探すのが大変でした。これがAndroid 9の新機能かな?

f:id:itokoichi:20190411074058j:plain

バッテリーの管理メニューで、選択するのが、バッテリー持続時間に一番効果がありそうです。設定→デバイスケア→バッテリー→パワーモードにて、選択します。

f:id:itokoichi:20190411074102j:plain

f:id:itokoichi:20190411074042j:plain

「最適化モード」と「標準省電力モード」で、一日の稼働時間が1~2時間伸びるようです。バックグラウンド処理が不要なら、「標準省電力モード」でよいかと思います。

f:id:itokoichi:20190411074030j:plain

最適化

バッテリー、メモリなどの「自動最適化」を設定。設定→デバイスケア→右上の…から設定→自動最適化。

f:id:itokoichi:20190411074107j:plain

f:id:itokoichi:20190411074021j:plain

ちなみに、自動再起動というメニューもあります。再起動した方が、最適化はより良くなりそうです。

f:id:itokoichi:20190411074054j:plain

ナイトモード

ナイトモードが搭載されました。

f:id:itokoichi:20190411074034j:plain

 

今回のAndroid 9 Pieのアップデートに関しては、バッテリー持続時間が延びれば、一番のメリットだと思います。

 

 

 

【スポンサーリンク】