【DDRオールドレンズ】Tessar 50mm F2.8 Exaktaマウントでテッサーの切れ味とフィルムっぽい描写の共存を楽しむ【α7II】

東ドイツレンズを試し中です。7月に開催されるオールドレンズフェスのDDR展に、写真を展示する予定のため、手持ちのDDRレンズで日々作例を撮っています。

今回はTessar 50mm F2.8 Exaktaマウント。Tessarは、ボケも固く、シャドウ部も潰れるため、今流行のオールドレンズっぽいボケや淡い描写が苦手です。それでも、フィルム時代にスタンダードだったTessarの描写は、切れ味はありながらも、フィルムテイストが感じられる愉しさがあります。

25feet(8m)、F11くらいでパンフォーカスが楽しいレンズです。

20190531_094403

20190531_094532

A7ii tessar 50mm f2.8

A7ii tessar 50mm f2.8

A7ii tessar 50mm f2.8

 

A7ii carl zeiss jena tessar 50mm f2.8

A7ii carl zeiss jena tessar 50mm f2.8

A7ii carl zeiss jena tessar 50mm f2.8

A7ii carl zeiss jena tessar 50mm f2.8

A7ii carl zeiss jena tessar 50mm f2.8

A7ii carl zeiss jena tessar 50mm f2.8

A7ii carl zeiss jena tessar 50mm f2.8

A7ii carl zeiss jena tessar 50mm f2.8

A7ii carl zeiss jena tessar 50mm f2.8

A7ii carl zeiss jena tessar 50mm f2.8

A7ii carl zeiss jena tessar 50mm f2.8

A7ii carl zeiss jena tessar 50mm f2.8

A7ii carl zeiss jena tessar 50mm f2.8

A7ii tessar 50mm f2.8

A7ii tessar 50mm f2.8

A7ii tessar 50mm f2.8

 

【スポンサーリンク】