【GPD P2 Max】気になる点は発熱、トラックパッド、ディスプレイ、キータッチ。小さなノートPCではなく、大きなUMPCと考えるべき端末だ

 GPD社のウルトラモバイルPCのGPD MicroPCを使っています。使っているのが下位モデルのCeleron 3965Y搭載のため、スペックが低い面はありますが、その他、気になる点がありますので紹介します。

 

充電中の発熱

充電中ですがトラックパッド右側が熱くなります。手のひらを置いて作業が辛いレベルです。充電は本体を使っていないときにした方が良さそうです。

 

トラックパッドの動き

トラックパッドのカーソルの動きがスムーズではありません。省バッテリー設定を諦めて、CPU速度を最大にしています。今回購入したのが、下位モデルのため、CPUが遅いのも関係しているかもしれません。現状ではマウスを使った方が、ストレスなく利用できます。タッチ感度を低く設定して、マウスカーソルを大きめにして凌いでいます。

f:id:itokoichi:20190906161612j:plain

f:id:itokoichi:20190906161623j:plain

f:id:itokoichi:20190906161633j:plain

ディスプレイの品質

今まで6インチや7インチのGPD社製品ではディスプレイに不満を感じなかったのですが、8.9インチではちょっと品質が気になります。例えば10インチのSurfaec Goと比べると、発色が弱く、コントラストも弱い感じで、長時間使っていると、目がチカチカしてきます。この価格帯のPCでディスプレイ品質まで求めてはいけないのかもしれませんが、従来の小型機種では気にならなかったので残念です。

f:id:itokoichi:20190906161603j:plain

 キータッチがふにゃふにゃ

キーボードは、キー配列が各所で酷評されていますが、他にきになる点としてはキータッチです。クリック感が弱く、ふにゃふにゃしているのでブラインドタッチが難しいです。結局、一本指で深めにクリックするようにして、入力しています。

f:id:itokoichi:20190905191703j:plain

GPD P2 Maxは、ウルトラモバイルPCというより、ノートパソコンにサイズが近いため、ノートパソコン並みの品質を求めてしまうため、気になる点が出てきてしまいました。あくまで、大きめのウルトラモバイルPCと考えた方がいいみたいです。

 

 

 

【スポンサーリンク】