【レンズ沼254本目】CANON FL19mm F3.5初期型はオールドレンズらしさ満載【α7II】

CANON FLマウントの広角レンズFL19mm F3.5を入手しました。FL19mmは、いくつかモデルがあり、ライカLマウントとFLマウント初期型は、後玉が大きく出ています。フィルムの一眼レフではミラーアップして使っていたようです。FL19mm F3,5後期型はレトロフォーカスで、長めのフランジを確保して、一眼レフで通常使用ができるようになったようです。

今回入手したのは、FLマウントの初期型。初めて見ました。中玉がバルサム切れだったのですが、珍しいので入手しました。実はピントリングも固着していたのですが、購入先で修理をしていただきました。

20190606_152848

20190606_152916

20190606_152957

20190606_153056

FLマウント-ライカMコンバーターとライカM-ソニーEヘリコイドマウントアダプターを使用。周辺減光とマゼンダ被り、収差、周辺流れと、オールドレンズらしさが満載です。

Untitled

A7II FL19mm F3.5

A7II FL19mm F3.5

A7II FL19mm F3.5

A7II FL19mm F3.5

A7II FL19mm F3.5

A7II FL19mm F3.5

A7II FL19mm F3.5

A7II FL19mm F3.5

A7II FL19mm F3.5

A7II FL19mm F3.5

A7II FL19mm F3.5

A7II FL19mm F3.5

A7II FL19mm F3.5

【スポンサーリンク】