【Magic-Ben MAG1】8.9インチUMPCのLTEモデルを発売前写真レビュー

9インチ以下のウルトラモバイルPC, UMPCが盛り上がっています。私も、GPD社のGPD Pocket, GPD MicroPC, GPD P2 Maxを愛用しており、6インチから8.9インチまでの小型PCの恩恵を日々受けています。現状のモデルで、小型でフルのWindowsが操作できるということで、ほぼ満足しているのですが、欲を言えば、モバイル通信機能を内蔵してほしいと思っています。Wifiは接続する手間と、不安定な場合があり、手軽にすぐ通信するには、モバイル通信機能を内蔵することです。

 

LTE機能を内蔵したUMPCがMagic-Benよりリリース予定です。「MAG1」という機種で、SIMスロットと合わせて、LTEモジュールを内蔵することも可能だそうです。Geekbuyingというオンラインサイトによると、WifiモデルとLTEモデルが掲載されています。

 

www.geekbuying.com

今回、MAG1のプロトタイプをお借りしましたので、写真で紹介します。製品版と違う可能性がありますのでご了承ください。

画面サイズは8.9インチ、2560x1600IPS液晶。電池容量は8600mAh。重さは690g。

f:id:itokoichi:20191111171215j:plain



キーボードは十分なキーピッチがあり、良好な入力環境です。キーボードバックライトを搭載。

f:id:itokoichi:20191111170635j:plain

トラックパッドを搭載。小さめなので、クリックしながらドラッグは慣れが必要です。

f:id:itokoichi:20191111170655j:plain

電源ボタン横に指紋認証搭載。

f:id:itokoichi:20191111170742j:plain

ディスプレイはここまで開きます。

f:id:itokoichi:20191111170819j:plain

天板部分。

f:id:itokoichi:20191111170845j:plain

 底面。

f:id:itokoichi:20191111171321j:plain

 

右側面にUSB Type-A、USB Type-C、microSDカードスロット。

f:id:itokoichi:20191111171348j:plain

左側面にmicro HDMI、3.5mmジャック、SIMスロット。

f:id:itokoichi:20191111171408j:plain

SIMカードトレイを出したところ。

f:id:itokoichi:20191111171448j:plain

OSはWindows 10、CPUはCore m3-8100Y、RAM8GB・ストレージ256GBとRAM16GB・ストレージ512GBのモデルがあります。

f:id:itokoichi:20191111171813p:plain

 

ベンチマークの結果は、同じCPUを搭載しているGPD P2 Maxとほぼ同じでした。

f:id:itokoichi:20191111172008p:plain

 

GPD P2 Maxとサイズ比較。

f:id:itokoichi:20191111172029j:plain

f:id:itokoichi:20191111172043j:plain

f:id:itokoichi:20191111172103j:plain

f:id:itokoichi:20191111172117j:plain

 

操作感としては快適です。WEB表示もサクサク動きます。バッテリーの持ちもそれほど負荷をかけなければ、数時間は使えそうです。バッテリー節約設定をすれば8時間を超える動作時間の表示がされました。欠点は小さなトラックパッドくらいでしょうか。外付けマウスを併用した方が操作効率は上がるでしょう。


今回のプロトタイプではSIMカードをSIMスロットに入れてみましたが、残念ながらSIMを認識しませんでした。いつか実機で試してみたいですね。

8.9インチのUMPCも各社出揃ってきました。小型機器にLTE機能はとても便利です。今後もLTEモデルが続々とリリースされることに期待です。

 

 

 

【スポンサーリンク】