【Surface Pro 7】第10世代CPUはバッテリー節約モードでも爆速。モバイルでは異次元の速さで驚き #Surfaceアンバサダー

Surfaceアンバサダーの企画でSurface Pro 7をモニターしています。

www.microsoft.com

Surface Pro 7は第10世代のCPUのIce Lakeを搭載しています。前機種のSurface Pro 6より性能アップしています。お借りしているモデルは、ミドルレンジのCore i5モデル、8GB/256GBです。CPU MARKのベンチマークを測定してみました。バッテリー駆動で高パフォーマンスモードにしたところ、1万1000台が出ました。目を疑うハイスコアで驚きました。

f:id:itokoichi:20191229133417p:plain

バッテリー節約モードでも何と7900台です。今まで使っていたモバイル用PCが高パフォーマンスでも2000台だったことを考えると、異次元の速度です。

f:id:itokoichi:20191229133445p:plain

なお、比較で、Surface Goバッテリー(バッテリーの高パフォーマンスモード)で1600台。

f:id:itokoichi:20191229133835p:plain

GPD MicroPCが2500台、GPD P2 Max(Celeronモデル)が1500台。

f:id:itokoichi:20191229133739p:plain

今まで使っていたPCがモバイル用のローエンドCPUを搭載していたので、あまりのCPUの速さに驚いています。Surface Goなどはバッテリー節約モードでは遅すぎるので、バッテリー駆動時も高パフォーマンスで利用しているのですが、Surface Pro 7はバッテリー節約モードでも速すぎるくらいです。

効率よく作業ができるSurface Pro 7のパフォーマンスを高さを感じています。

 

 

【スポンサーリンク】