パソコンとドローンが充電できるポータブル電源を導入してみた【FlashFishポータブル電源45000mAh/166Wh】※追記あり

FlashFishポータブル電源45000mAh/166Whを入手しました。

 

特徴としては、コンセント口があること。110Vのコンセントが2個あります。コンセント搭載ということで、非常用電源として期待できます。それ以上に使ってみたいのが、ドローンのバッテリー充電。

私の所有しているDJI SPARKは、本体ではUSB充電できますが、バッテリー充電器はACのみ。そのため、AC充電できる場所を見つけないと充電ができません。また、ドローンのバッテリーは充電に時間がかかりますので、繋ぎっぱなしで1~2時間充電したいところです。車に、ポータブル電源を積んでおけば、移動中に充電できるのでは?という思惑です。

 写真で紹介します。

正面部分。USB-Aが3ポート。DC OUTが2ポート。


f:id:itokoichi:20191221102921j:image

 

背面。ACアウトが2個、AC充電ポート。AC充電のときのスイッチ。


f:id:itokoichi:20191221102953j:image

充電アダプター。


f:id:itokoichi:20191221103013j:image

充電の様子。


f:id:itokoichi:20191221103034j:image


f:id:itokoichi:20191221103051j:image

ACでパソコンを充電。充電できました。


f:id:itokoichi:20191221103116j:image

 

ACアウトを使うときは、AC POWERのスイッチをオンにします。使わないときはオフ。


f:id:itokoichi:20191221103154j:image


f:id:itokoichi:20191221103136j:image

 

本体上部にある仕様表。


f:id:itokoichi:20191221104227j:image

 

 ちなみに、電気ひざ掛けで使用していたところ、やはり出力が多いようで、1時間でバッテリー残量が半分になりました。45000mAhという容量でどこまで実用になるかわかりませんが、車に積んでドローンなどで活用してみたいと思います。

 (追記)

電気ひざ掛け毛布を弱にて30分使用で、バッテリーマークが一つ減りました。

減った一つ分を充電するのに、1時間30分かかりました。

バッテリーマークは5個あるので、1個だと、45000mAh÷5で9000mAh分でしょうか。

 

【スポンサーリンク】