【フィルムカメラ36台目】レンズ無しFOCA Universal Rを大阪の篠原カメラで入手。レンズマウントを自作してInduster-22で撮影してみた

大阪ドローン旅で、昭和町の篠原カメラに行きました。

A7ii rrifkex-cine-xenon 28mm

店主の篠原さんは、駄カメラ展にも参加されており、共通の友人が沢山いる方で、話がはずみました。そして、店内で見つけたフィルムカメラを購入することに。フランスのフィルムカメラFOCA Universal Rです。

2018-09-14_11-06-24

レンズが欠品しているレンジファインダー。レンズを入手するのが困難そうですが、自作で何とかなるのでは、と思い、購入してみました。

この何とかなる、という考えが間違いでした。フィルムカメラに、他のマウントのレンズを付けて、フランジバッグ調整をするのは、非常に困難であることを痛感しています。

まず、FOCAがライカLに近いフランジということで、ライカLマウントのinduster-22 5cm F3.5を利用することにしました。これはフランジが合わない場合でも、レンズの沈胴で調整できるのでは、という考えからです。

レンズをマウントに両面テープで仮止めして、シャッターをタイムにて開放状態にして、背面にキヤノンの一眼レフ用のフォーカシングスクリーンを付けて、ピントの状態を見ます。ピントが合うところにレンズの沈胴を固定してから、フィルム撮影テスト。

20180908_213513

2018-09-11_09-14-51

しかし、フォーカスが安定せず、ピンボケを量産。そこで、有楽町ダイヤモンドカメラにて、ライカLのマウント部分のパーツを入手。このマウントをFOCAのマウントにつけて、レンズはねじ込みで付けることにしました。

20180911_145229

20180911_145246

2018-09-14_11-23-01

2018-09-14_11-23-24

これで多少は安定したものの、まだ無限遠でピントが合いませんでした。

FOCA Universal R induster-22

FOCA Universal R induster-22

FOCA Universal R induster-22

FOCA Universal R induster-22

こんどは、10倍ルーぺを導入して、フォーカシングスクリーン上のピントを厳密に合わせてみました。それでも、無限遠がまだ厳しい状況です。ここまで使ったフィルムは4本。なかなか難しいですね。

20180911_220143

20180911_220917

foca universal r induster-22

foca universal r induster-22

foca universal r induster-22

foca universal r induster-22

foca universal r induster-22

foca universal r induster-22

foca universal r induster-22

 

【スポンサーリンク】