【Apple Watch】キーフォルダー型ワイヤレス充電器でバッテリー切れ対策

choetechのApple Watchワイヤレス充電器を試用しています。

 Apple Watchの弱点は、なんと言ってもバッテリー。18時間駆動が基本のため、二日間使用するには力不足です。スポーツバンドなどは2週間程度持つのが普通になっていますので、使い勝手では大きく劣ります。

一晩充電するのを忘れてしまうと、翌日にはバッテリー切れ、なんてことが頻発します。Apple Watchの充電ケーブルを持ち歩かないと安心できません。

Apple Watchユーザーに便利な製品がありました。choetechのApple Watchワイヤレス充電器です。900mAhのバッテリーを内蔵していますので、初期型Apple Watch 38mmモデル(バッテリー約205mAh)ならば3回程度、Apple Watch Series 3 42mmモデル(バッテリー約350mAh)ならば2回程度充電できる容量となります。

写真で紹介します。

f:id:itokoichi:20191017113951j:plain

f:id:itokoichi:20191017114010j:plain

f:id:itokoichi:20191017114031j:plain

小型でキーフォルダー型になっていますので、持ち歩きに便利です。

f:id:itokoichi:20191017114101j:plain

f:id:itokoichi:20191017114113j:plain

ワイヤレス充電器の本体の充電はmicroUSBポートから行います。

f:id:itokoichi:20191017114159j:plain

f:id:itokoichi:20191017114314j:plain

サイドボタンを押すと、バッテリー残量が表示され、充電が開始されます。

f:id:itokoichi:20191017114231j:plain

f:id:itokoichi:20191017114243j:plain

f:id:itokoichi:20191017114253j:plain


バッテリーが切れそう、なんてシーンですぐに充電できます。マグネット式のため、ぶら下げた状態でも充電できます。

f:id:itokoichi:20191017114342j:plain

小さなワイヤレス充電器ですので、カバンに常備しておき、短期間の旅行であれば携帯していきたいと思います。

 

【スポンサーリンク】