【GPD Pocket】Surface Goで使っている神アプリ「alt-ime-ahk」はGPD Pocketでも神だった

Surface GoではUS配列のタイプカバーを使っています。こちらに、日本語英語切り替えユーティリティアプリ「alt-ime-ahk」を導入して、左右のaltキーで日本語英語の切り替えができるようになり、MacBookのキーボードのような快適さになっています。

blog.itokoichi.com

モバイルPCのGPD PocketもキーボードがUS配列となっており、日本語英語切り替えは、Ctrl+Spaceを使っていました。Surface Goと同じように、「alt-ime-ahk」を導入してみました。

f:id:itokoichi:20180921104728j:plain

Altキーによる日本語英語切り替えが可能になり、入力が格段にやりやすくなりました。「alt-ime-ahk」は必須アプリですね。

 

 

【スポンサーリンク】