W-ZERO3は平成18年ヒット商品5位にランクインしていた!

ニュースサイトで12年前の平成18年ヒット商品の記事がありました。

www.news24.jp

何と5位に「スライド式通信端末W-ZERO3」が入っています。凄いですね。ヒット商品の仲間入りをしていたようです。

ただ、「スライド式通信端末」なのですね。この頃、シャープもウィルコムも「スマートフォン」という単語は頑なに使いませんでした。

f:id:itokoichi:20181227111625j:plain

「第3のコミュニケーションツール」だそうです。なんだかなあ、ですよね。

私は2005年10月にW-ZERO3が発表された当時から「スマートフォン」と呼んでいました。

d.hatena.ne.jp

日本ではPDA市場が死滅してしまい、ガラケー天国でした。一方、海外ではスマートフォンが流通しており、日本での登場を夢見ていたときに、W-ZERO3が発表されたのです。PDAを愛用していたモバイルユーザーである私は歓喜しました。しかし、メディアの反応は冷たく、メーカーは「スマートフォン」と呼ばない始末です。

それでも熱いユーザーたちに支えられて、ヒット商品に入るまでになったW-ZERO3。2005年12月14日のW-ZERO3の発売日は今でも忘れられません。

スマートフォン全盛時代の今ではありますが、日本ではW-ZERO3という救世主が登場したことを是非知っていただきたいです。

 

【スポンサーリンク】