【Surface Pro 7】最小モデルSurface Goとサイズ比較をしてみた #Surfaceアンバサダー

Surfaceアンバサダーの企画でSurface Pro 7をモニターしています。

 

Surface Goとサイズ比較をしてみました。Surface GoはSurfaceシリーズの中で最小モデルです。

12.3インチと10インチで、15インチ程度のノートPCに比べるとどちらも小さいのですが、2台並べると、Surface Pro 7が大きく見えます。

f:id:itokoichi:20191230115909j:plain

タブレットとしてサイズ比較。

f:id:itokoichi:20191230120059j:plain

タイプカバーのサイズ比較。

f:id:itokoichi:20191230120132j:plain

サイズは以下になります。

Surface Pro 7

292mmx201mmx8.5 mm
12.3インチ(2,160 x 1,620ピクセル)
775g(Core i5モデル)+310g(タイプカバー)=1,085g

 

Surface Go

245mmx175mmx8.3mm
10インチ(1,800 x 1,200ピクセル)
522g(本体)+243g(タイプカバー)=765g

 

タイプの違う2台を比較するのは、あまり適切ではないかもしれませんが、視認性の良さとパフォーマンスの高さで、作業効率はSurface Pro 7が圧倒的に良いです。それでも、持ち歩く時間が長時間に及ぶ場合は、Surface Goの小型なところは魅力です。2台をモバイルシーンで併用しながら、今後比べてみたいと思います。

 

 

 

 

【スポンサーリンク】