【チョートクブラぱち塾】銀座界隈スナップでアサヒカメラ休刊と銀座ニコン業務終了を振り返る【NIKON 1 J5, KINOTAR 12.5mm】

写真家田中長徳さん主催のワークショップ「チョートクブラぱち塾」が久しぶりに再開されたので、参加しました。今回は、アサヒカメラ休刊と銀座ニコン業務終了のニュースを受けて、銀座に纏わる写真エピソードが満載の「チョートクブラぱち塾」でした。

dot.asahi.com

 

www.nikon-image.com

 

 

今回の集合写真。いつものように個性的なカメラばかりです。

2020-06-16_11-02-56

私は、NIKONニューピカイチとNIKON 1 J5、KINOTAR 12.5mmというニコンコンビで参加。写真は現像中のため、NIKON 1 J5とGalaxy S10で撮影した写真を掲載します。

2020-06-16_11-03-26

集合場所は、最近閉店してしまった有楽町の食安前。

nikon 1 j5 kinotar 12.5mm

2020-06-16_11-05-56

nikon 1 j5 kinotar 12.5mm

アサヒカメラ休刊の話題で、カメラ雑誌が日本の写真文化に果たした役割の解説がありました。雨天のため、国際フォーラムの休憩スペースにて、解説。

写真誌は、今のようなカメラ情報誌でなく、写真芸術と写真ジャーナリズムを作るメディアだったとのこと。写真誌が多くのカメラマンの登竜門となっていたそうです。

nikon 1 j5 kinotar 12.5mm

nikon 1 j5 kinotar 12.5mm

nikon 1 j5 kinotar 12.5mm

銀座歩行者天国が復活していました。

nikon 1 j5 kinotar 12.5mm

nikon 1 j5 kinotar 12.5mm

長徳さんがお勤めだった場所にて解説。3年間の会社員生活の後、ヨーロッパへ渡られたエピソードをお聞きしました。

nikon 1 j5 kinotar 12.5mm

nikon 1 j5 kinotar 12.5mm

東銀座交差点。

nikon 1 j5 kinotar 12.5mm

nikon 1 j5 kinotar 12.5mm

nikon 1 j5 kinotar 12.5mm

 

銀座ニコンにて。ニコンとのいろいろなお仕事の裏話をお聞きできました。

nikon 1 j5 kinotar 12.5mm

nikon 1 j5 kinotar 12.5mm

nikon 1 j5 kinotar 12.5mm

長徳さんのスナップスタイルは速写のため、普段撮影するシーンはほとんど見れないのですが、今回珍しく撮影することができました。貴重な写真です。

nikon 1 j5 kinotar 12.5mm  

 

 

今回、エピソードとして現像の話題が多く、残念ながら理解できなかったのですが、写真家にとっての現像へのアプローチ方法など直接お話を聞くことができ、大変勉強になりました。

「チョートクブラぱち塾」は、毎月第二日曜日13時から開催されます。Facebookにて参加表明をすれば、参加自由となっています。参加費は4000円です。

 

「チョートクブラぱち塾」(Facebookページ)

 https://www.facebook.com/CT70plus/

 

田中長徳さんのnote。毎日写真コラムが更新されています。

note.com

【スポンサーリンク】