#大学生にノートPCはいらない マイクロソフトに真意を問う #Surfaceアンバサダー

現在、マイクロソフトはとんでもないキャンペーンをやっています。「大学生に、ノートPCはいらない」というキャンペーンです。

f:id:itokoichi:20190319215036j:plain

マイクロソフトのSurfaceアンバサダーイベントで、このキャンペーンの真意を聞いてきました。

f:id:itokoichi:20190319214945j:plain

キャンペーン実施の前に、若者のPC離れを調査したそうです。実際の調査結果によると、パソコンとスマホを併用しているユーザーが多かったそうです。

f:id:itokoichi:20190319215242j:plain

そして、新大学生を調査したところ、期待と不安がある中、しっかりとしたPCを希望しているそうです。

f:id:itokoichi:20190319215339j:plain

そこで、キャンペーンでは「大学生にノートPCはいらない」という逆説的な定義により、Surfaceを大学生が使うことで創造性を解き放ってほしい、という思いだそうです。

スマホで十分、ではなく、さらに、その上のレベルをSurfaceで目指してほしい、というメッセージだそうです。

そのキャンペーン動画がこちら。

www.youtube.com

Surfaceアンバサダーのイベントでは、リアルな大学生が参加しており、自分自身のSurface活用を紹介していました。印象としては、自分のやりたいことをやるために、スマホだけでやる、というより、より便利なものをフレキシブルに求めており、結果的にSurfaceを使っている、という印象を持ちました。若い人の方が柔軟ですね。デバイスにこだわるのではなく、やりたいことにこだわる、若さの特権ではないでしょうか。

若いSurfaceアンバサダーの意見が大変勉強になったイベントでした。

ちなみに、イベントでは、マイクロソフトの方がしきりにSurface Book 2を勧めていました。本国からプレッシャーがあるようですね。アンバサダーは買わないといけないのかな?

 

f:id:itokoichi:20190319220230j:plain

f:id:itokoichi:20190319220246j:plain

f:id:itokoichi:20190319220303j:plain

f:id:itokoichi:20190319220317j:plain

 

 

 

 

【スポンサーリンク】